2.11.2017

Gratitude 感謝祭 2017.2.6−19
SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

小さなギャラリーでの5人展です。

ふと目があって、拾ってしまう葉や実。
車の運転中に、車内に舞い込んだケヤキ。
タイの骨董屋さんがくれたマメ。
黒い猫のいる谷からやってきた種。
美味しいstollenに添えられたホワイトセージ。
部屋に飾られていた薔薇の葉が、
時間の経過によってみせる美しい葉脈。

そういったものたちを
違うカタチで再採集してみたポスター。

ほか、Fliegenkopf Muenchen で過去に印刷させていただいたカードや、ポスター(いずれも非売品)。
テキンで印刷した際のヤレなどをささやかに展示しています。

1.22.2017

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年の年賀状は簡易孔版印刷+活版印刷3回 の計4度刷りです。
刷りムラはご愛嬌ということで。
年賀状は今日まで西荻窪・ギャラリーみずのそらの展示でごらんいただけます。

2015年から撮影を担当させていただいている、
空想製本屋さんの2月の「庭の本」の展示にむけて、
本の制作をお手伝いしています。
この企画も完結とおもうと少しさびしいですが。
展示が楽しみです。

それから、
SPBS内の小さなギャラリーでの Gratitude 感謝祭 という展示に参加します、DMなどデザインしました。
こちらはまだまだ準備不足です。。。

1月もあとすこしです。

11.09.2016

鎌倉・books mobloさんの5周年記念トートバックをデザインさせていただきました。

この数年で、モブロさんから連れ帰った本や、ハンガー、紙片。
様々な時代の文字の数々。

そこから文字を拾い集めてデザインすることにしました。
(例えば、ハンガーに印字された G )

わたしの「モブロさんの思い出」トートバックでもあります。

ご夫婦でシルクスクリーンを手刷りされているので、1点1点の表情も違います。
こっそりzuanka の文字も隠れています。
是非店頭でご確認ください。

モブロさんは、
裁縫女子御用達、鎌倉・スワニーの並び、2階にあります。

ズアン課カード、zineを取り扱ってくださり、
当方がドイツで印刷してきたポスターも飾ってくださっています。
そして、噂通り、好みの本がたくさんあって困る古本屋さんです。

本の上にも5年。
これからもマスマスのご活躍、楽しみにしています!

books moblo
http://moblo.ocnk.net/

9.12.2016

空想製本屋さんの『庭の本 夏』の撮影をしました。

お庭で育てた藍で染めた、瓶覗。
淡く光る様な青が印象的な表紙です。

この緑からあの青が生まれる不思議。

庭の本も3冊目、夏の光がもう恋しい。

今週末のTABF 
ブックピックオーケストラの文庫本葉書・文庫本画廊とMONONOME PRESS ブースにて、
是非実物をご覧ください。

4.28.2016

3月に、MOONSOAPさんとタイを訪れました。

地方でオーガニックの胡麻を育てている方に会いに行ったり、
ハチミツの工房に行ったり、石けん工房では写真と撮ったり、、と。忙しい出張でしたが、
街中に花が溢れていて、猫がたくさんいて、食べ物もあいかわらず美味しく、
お腹いっぱいになって帰ってきたのでした。

2.26.2016

新作・活字組版の葉書、
zine 「M」「o」「J」(i)など置いていただいてます。
1枚1枚テキンで印刷したものは、掠れ等が異なり、同じ物がありません。(しかも少数生産。増刷未定。)
是非、お立ち寄りください。

奥渋レタープレス at SPBS + MJ & Friends --> 3/3

活版カーニバル at books moblo 3/1 --> 3/31

ものづくり Factory at 有隣堂 ルミネ横浜店 4/19 --> 5/18
※こちらのイベントにはテキンで刷ったカード、zineはおいておりません。

1.31.2016

2016年1月末で会えなくなるもの。

穴のあいた天井や、どきどきしながら踏みしめた床。

1.28.2016

今年のはじめ。ボタニカルリップバームでお世話になっている後藤純子さんとともに、
神奈川県立川崎高校 養蜂同好会を見学にいってきました。
誰もいない冬のプールの脇に巣箱が3つ。 煙の原料は、麻や新聞紙。 校内の木に日本みつばちが自然に巣をつくり、
物理の先生が興味をもったことがきっかけではじまった養蜂。
現在は西洋みつばちを養蜂しています。 実感として、蜜の収量が全然違うとのことでした。 生のハチミツはさっぱりした味。 作業の途中、巣のうえで、動かなくなっているみつばちを、 さりげなく手のひらのうえで温める純子さん。
しばらくすると、一匹は息を吹き返し、群れにかえってゆきました。
純子さんが普段から、みつばちとどのように向き合っているかを感じるひとときでした。

1.14.2016

2016年になって2週間が経ちました。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は年末ギリギリ…でなんとか年賀状も刷ってみました。
元気である有り難さを噛み締めつつ、邁進したいと思います。
いよいよ、の i の制作とか…

穏やかで、楽しい一年でありますように。

(写真は昨年、初夏の軽井沢にて。)

12.05.2015

MOONSOAPさんのボタニカルリップバームのパッケージデザインをしました。

私が関わったのは2012年からなので、3年前からになります。
開発に携わったのは、もちろん社長や、社員さんたちですが、
横で試作品を試したり、意見し、たくさんの試行錯誤をみていたので、
やっとお披露目できる日がきて感慨深いです。
リップバームよ、誕生おめでとう!

秋に、養蜂家・後藤さんのところに撮影で同行しました。
あまりの近さに、最初は緊張しましたが、
ミツバチは蜜を集めることに大忙しで、まったく気にしていない様子でした。

そうやって、一匹のミツバチが一生かけて集めるハチミツの量はティースプーン1杯程度とのこと。
それを、わけていただいているということ。その美味しさ。
なんだか涙が出そうでした。

そんな、後藤さんが愛情をかけて養蜂しているミツバチの、ミツロウを使った特別なリップバームです。
ひとりでも多くの方に使っていただけましたら。